バルクアップHMBがずば抜けて評価が高い理由決め手はHMB配合量

バルクアップHMBがずば抜けて評価が高い理由|決め手はHMB配合量

バルクアップHMB

 

 

筋肉をつきやすくして気軽にダイエットすることができるとして最近人気の高いHMBサプリ。

 

2015年くらいから急激に商品数が増え始め、今では軽く30種類を超えています。こんなに選択肢があると、どのサプリを選べばいいか迷ってしまいますよね。

 

結論から言うとHMBサプリはHMB配合量で選ぶべきです。

 

 

そして現在発売されているHMBサプリの中で配合量が最も多いのはバルクアップHMBです。

 

\バルクアップHMBはこちらから/

公式サイトを見てみる

 

 

この記事を読めばHMBサプリを買った後に「やっぱりあっちにしとけばよかった・・・」とならないように自信を持ってバルクアップHMBを購入できるようになります。

 

 

現在発売されているHMBサプリのHMB含有量を比較

 

現在販売されている主要HMBサプリのHMB配合量と値段を比較しました。

 

HMBサプリ 比較表

 

こうして表にして比較してみると分かりやすいですね。バルクアップHMBの次にHMB配合量が多い「キレマッスル」でも1,800mgです。

 

「たった200mgしか変わらないのか」

 

と思ったかもしれませんが、200mgって2000mgに対して10%ですからね。めっちゃ多いですよ。

 

 

「なら単純にHMB配合量だけで判断すればいいんでしょ。」

 

ちょっと待って下さい。

 

じつは、HMBの配合量だけで判断するのは危険です。

 

 

HMBの製造元は国産を選べ!!

 

HMB製造工場

 

 

HMB配合量が一番多いとしてもまだ安心してはいけません。なぜならHMBは製造元によって効力が変わってくるのです。

 

 

国産と外国製のHMBの違いについて

 

国産のHMBと海外製(主に中国製)のHMBとの違いは【不純物が入っているかどうか】です。

 

海外製のHMBサプリは価格を抑えるために不純物が配合された安価なHMBが利用されていることがあります。不純物が入っているとHMBを体内に取り入れることが困難になります。

 

せっかくプロテインよりも吸収率が良いアミノ酸を摂取しているのにもかかわらず効果が半減されてしまっては元も子もありませんよね。

 

 

さらに厄介なのが不純物が何なのか分からない点です。

 

 

中国などの製造元で作られたHMBサプリは品質基準が低いため、配合されている成分が何なのか?いちいちチェックしないのです。

 

怖いですよね。例えば中国で製造されたHMB純度90%のサプリが3gだとします。2700mgのHMBと一緒に摂取する残りの300mmgは一体どんな化学成分なのでしょうか・・・

 

 

そうした観点からHMBサプリは品質管理が徹底している国産であるべきなのです。バルクアップHMBは日本の工場で製造されたHHMBサプリなので安心して効果の高いHMBを摂取することができますよ。

 

 

ここまで一回まとめると、HMBサプリを選ぶ基準は

 

  • HMB配合量がなるべく多いものを選ぶ
  • 国内で製造されたHMBサプリを選ぶ

 

この2点です。

 

バルクアップHMBは

 

  • HMBサプリの中でもトップクラスのHMB配合量2,000mg
  • GMP基準認定の国内製造

 

2つの基準を満たしています。この2つの選定基準だけで判断してもいいのですが、もうひとつ欲を言うとしたら「クレアチンが配合されている」HMBサプリだともっといいですね。

 

 

相乗効果を発揮するクレアチンがあるとGOOD

 

HMB クレアチン

 

クレアチンって知ってますか?プロテインやグルタミン、HMBなどのアミノ酸が筋肉を作るための栄養素だとしたらクレアチンは筋肉を動かすエネルギー源だと想像してくれると分かりやすいかと思います。

 

HMB:
筋肉を作るための栄養素

 

クレアチン:
筋肉を動かすエネルギー源

 

この2つは一見全く関係性がないように感じられますが、同時に摂取することで、どえらい効力を発揮してくれます。

 

HMB クレアチン

引用:株式会社ヘルシーナビ

 

上のグラフは徐脂肪体重の増加量を表しています。グラフの「HMB」と「クレアチン+HMB」に注目すると

 

HMBのみ:
1.2kg

 

クレアチン+HMB:
2.4kg

 

徐脂肪増加量が2倍以上増加した結果がでています。クレアチンが配合されているだけで2倍以上の差が出るなら、クレアチンが配合されてないHMBサプリを選ぶ必要はないでしょう。

 

 

ただし、「筋肉が付き過ぎるとちょっとやだな」

 

 

と思っている方、特に女性なんかそうじゃないですかね。

 

そのような場合は、クレアチンが配合されていないビルドマッスルHMBなどのHMBサプリを摂取するといいですよ。

 

 

まとめ

 

HMBサプリを選ぶ基準は

 

  1. HMB配合量が一番多いか
  2. 国産のHMBを使用しているか
  3. クレアチンが配合されているか

 

この3つです。

 

バルクアップHMBはこれら3つの基準を満たしているため、ほかのHMBと違い口コミ評価がずば抜けて高いのでしょう。

 

 

\HMB配合量2,000mg!/

バルクアップHMBを最速で手に入れるならココ