ビルドマッスルHMBに配合される成分の効果と副作用

ビルドマッスルHMBに配合される成分の効果を詳しく解説

この記事は2017年6月27日に更新されました。

 

ビルドマッスルHMB効果

 

ビルドマッスルHMBはツイッターでも話題になるくらい、人気がある商品なのですが、普段あまり筋トレをしない人にとって、筋肉増強系のサプリは何となく怪しいと感じませんか?

 

 

ビルドマッスルHMBに含まれてる成分は薬事法の関係からか、公式サイトを見ても効果が良く分らないですよね。

 

ビルドマッスルHMB

 

特に、グルタミンとトンカットアリ、シニュリンPF、フェヌグリークについては、どんな効果が期待できるのか、詳しく記載されていません。

 

 

なので、「具体的にどのような効果があるのさ!!」と思っている人は多いでしょう。

 

 

結果から言うと、ビルドマッスルの主要成分「HMB」だけでも、2.67倍の筋肥大効果があります。ここでは、ビルドマッスルに含まれる成分の効果に付いて詳しく紹介していきます。

 

 

ビルドマッスルHMBに含まれる成分の効果

 

ビルドマッスルHMBには7つの有効成分が配合されています。

 

  • HMB
  • BCAA
  • グルタミン
  • バイオベリン
  • シニュリンPF
  • トンカットアリ
  • フェヌグリーク

 

ウェイトトレーニングを本格的に行う、いわゆる筋トレ上級者の人からすると、これらは馴染みのある成分です。しかし筋トレをこれから始める方は初めて聞く成分ではないでしょうか。

 

HMBは筋肉肥大のスペシャリスト

 

HMB 男性

 

HMBはアメリカでは1995年頃から販売されている、メジャーな栄養素です。ボディビルダーを始め、幅広いスポーツジャンルのアスリートにも摂取されています。

 

HMBを摂取している有名人を挙げると野球選手のダルビッシュ有、一流芸能人GACKTなどが使用しているそうです。

 

2010年から日本でもサプリメントとして販売することが許可され、私たちのような一般人でも摂取する人が増えてきています。

 

そもそもHMBってなに?

 

HMBは正式名称「3-ヒドロキシイソ吉草酸(きっそうさん)」と呼ばれ、9種類ある必須アミノ酸の1つ「ロイシン」が体内で消費されることで作られる成分です。

 

必須アミノ酸とは、人間の体内で作ることができずに食事やサプリメントから摂取する必要のある栄養素のことです。

 

HMBの効果は大きく分けて3つです。

 

  1. タンパク質の合成を増やす
  2. 筋肉が分解するのを防ぐ
  3. 筋肉の損傷を防ぐ

 

これらの作用があることで、HMBを摂取せずにウエイトトレーニングを行った人とHMBを摂取してウエイトトレーニングを行った人とでは、トレーニング後の筋肉量が2.67倍上がったというエビデンスがあります。

 

HMBの効果

 

引用:HMB製品

 

HMBはエクササイズの筋肉成長効果を2倍に高める
‐ ウエイトトレーニングのみ : 1週間で除脂肪体重0.18%増大
‐ ウエイトトレーニング+HMB : 1週間で除脂肪体重0.42%増大

 

HMBは筋力を高める
‐ リフティング総重量8%増大 (プラセボ)
‐ リフティング総重量13%増大 (HMB 1.5g摂取)
‐ リフティング総重量18.4%増大 (HMB 3g摂取)

 

この研究結果が示す通り、ビルドマッスルには科学的に効果が実証されたHMBが配合されているため、多くのトレーニーに注目されています。

 

ただ、既に筋トレを本格的に行っている方にとって、HMBはあまり必要ない成分かもしれません。

 

HMBは初心者向けの成分

 

HMBの特性として

筋肉が初めて受ける刺激に対して最も効果を発揮することが判明されています。

 

ストレングス・コンディショニング研究ジャーナルでは、このようなテーマで研究が行われました。

 

「筋トレに慣れている人と筋トレに慣れていない人では、HMB摂取した時に効果に違いはあるのか?」

 

要するに、ボディビルダーと筋トレを全く行ったことがない、ガリガリのもやし君にHMBを飲ませたんですね。

 

HMB 痩せてる男性

 

筋トレに慣れている人と慣れてない人にHMBを与え、その結果を見ました。すると、筋トレに慣れてない人(もやし君)の筋肉増加量が9.1%上昇したのに対して、筋トレに慣れている人(ボディビルダー)では9週間HMBを投与しても筋肉増加量に変化はありませんでした。

 

このことから、筋トレ初心者ほどHMBの効果を感じることができることが判明したのです。

 

BCAAは筋肉の分解を抑制

必須アミノ酸は9種類あると先ほど説明しましたよね。

 

BCAAはそのうちの3種類、「バリン」、「ロイシン」、「イソロイシン」の総称です。筋肉繊維の35%はBCAAで構成されていると考えられているほど重要な栄養素なんですよ。

 

 

BCAAにもHMBと同じように筋肉の分解を抑える効果があります。というのも、HMBはBCAAに含まれる「ロイシン」というアミノ酸が体内で変化してできるアミノ酸だからです。

 

 

ロイシンについては、公式サイトにも記載してありましたね。

 

BCAAは筋肉の分解を抑制する以外にも、テストステロンの低下防止や集中力の向上といった効果があります。

 

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。テストステロンが多く分泌されていればいるほど、筋肉が付きやすくなります。同じ筋トレをしていても女性よりも男性のほうが筋肉が付きやすいのは、女性にはテストステロンの分泌量が男性に比べて少ないからです。

 

 

BCAAは筋肉を作るために重要な役割を持つテストステロンの低下防止効果がある大切な栄養素です。

 

グルタミンで消化吸収をサポート

 

グルタミン 胃腸

 

グルタミンにも筋肉の分解を抑える効果があります。また、消化器官を活性化させる効果もあるので、トレーニングで弱った胃腸を回復させるにはもってこいの成分です。

 

 

筋肉を付けるためにたくさん栄養を摂っても、胃腸が弱いと、うまく消化してくれません。効率よく筋肉を付けたいなら、カラダの中のケアも重要です。

 

 

グルタミンについては、成長ホルモンの分泌を促進する、タンパク質の合成を増やす効果もあると解説しているサイトも多いですが、それを証明する明確な研究結果は出ていないようですね。

 

バイオぺリンがアミノ酸の吸収率増加させる

 

バイオぺリンは血中濃度を上げる効果があります。血中濃度を上げることで、上記で解説した、「HMB」や「BCAA」、「グルタミン」などのアミノ酸の吸収を促進させます。

 

 

アミノ酸とバイオぺリンを一緒に摂取することで、ムダなく体に吸収することができます。

 

 

シニュリンPFでメタボ対策

 

シニュリンPF

 

シナモンに含まれている成分で糖尿病の予防目的として摂取されています。臨床試験段階ですが、脂肪減少に効果が期待されています。

 

 

脂肪を落として体を引き締めたい、細マッチョを目指す人におすすめの成分ですね。

 

 

また、クレアチンと一緒に飲むことでクレアチンの摂取量を少なくしてくれます。クレアチンは短期間で筋肉を増強させるには欠かせないサプリですが、摂取量が多いことから敬遠されがちです。

 

クレアチンって水に溶けにくいから飲むの大変ですからね。クレアチンの摂取量を減らしたい人にもビルドマッスルはおすすめです。

 

 

トンカットアリで男性ホルモン分泌

 

精力剤にもよく使用されている成分ですね。トンカットアリは男性ホルモンの一種の「テストステロン」の分泌を促進してくれます。テストステロンが増えると、筋肉が付きやすい体質にしたり、やる気が向上し前向きな気持ちになります。

 

余談ですが、テストステロンの分泌量が多い人は、何事にも恐れずにチャレンジする気持ちが強いため、社会的に成功している人が多いそうですよ。

 

フェヌグリークで肥満防止?

 

カレーの香辛料としても使用される天然ハーブです。研究結果では、糖尿病患者がフェヌグリークを摂取したところ、グリコヘモグロビンが低下したことから、脂肪の吸収を抑え結果的に肥満防止につながる効果があるとされています。

 

 

ただ、その効果については、限定的であり全ての人に当てはまるわけではないとのことです。フェヌグリークの効果は、オマケ程度に考えていいと思います。

 

まとめ

 

それぞれの成分の主な効果についてまとめてみます。

 

  1. HMB〜2.67倍の筋肥大効果
  2. BCAA〜筋肉の分解防止
  3. グルタミン〜消化吸収サポート
  4. バイオベリン〜アミノ酸の吸収促進
  5. シニュリンPF〜脂肪減少
  6. トンカットアリ〜男性ホルモンの分泌促進
  7. フェヌグリーク〜肥満防止

 

 

しっかり調査してみると、ビルドマッスルHMBに含まれる成分には、筋肉増大や疲労回復、栄養吸収サポート効果が研究で確認されていました。

 

 

筋肉に必要な栄養素をまとめて摂取できるオールインワンサプリです。

 

「これから筋トレ頑張るぞ!!」と思っている方に是非試してみてほしいですね。

 

ビルドマッスルHMB

関連ページ

ビルドマッスルHMBの支払方法|コンビニ振込ならクレジットカードは不要
ビルドマッスルHMBの購入方法はクレジットカード決済とコンビニ振込があります。クレジットカードを持ってない人でも安心して購入することができます。
購入前に確認するべきビルドマッスルHMBの全額返金保証のやり方
ビルドマッスルHMBのトクトクコースには、全額返金保証制度がついています。3ヶ月使ってみて効果を実感できなければ、全額返金してもらえるサービスです。この制度を利用するために必要な準備がありますので、購入前に確認しておきましょう。
ビルドマッスルHMBの飲み方|飲むタイミングはトレーニング30分前
ビルドマッスルHMBを一番効果的に飲むタイミングは筋トレ前です。また、筋トレしない日でも飲んだ方がもちろんいいのですが、タンパク質が足りている人は飲む必要はないでしょう。ここでは、ビルドマッスルHMBを飲むタイミングと筋トレしない日も飲んだ方がいいのかについて詳しく紹介しています。
ビルドマッスルHMBの特徴|HMBパウダーの違いとは?
ビルドマッスルHMBの特徴は筋トレの効果を倍増させる成分をまとめて摂取できることです。市販されているHMBパウダーはHMB以外の成分が含まれていませんので、どのような栄養素を摂取すればいいのか分からない筋トレ初心者〜中級者の人におすすめです。
ビルドマッスルHMBは女性が飲んでも大丈夫?健康的にダイエットで理想の体へ
ビルドマッスルHMBは男性だけでなく健康的にダイエットをしたい女性にも支持されています。ここでは、女性がビルドマッスルを飲む上での不安を全て解消します。
ビルドマッスルHMBは筋肉が付きにくいガリガリの人でも効果ある?
しっかり筋トレをしているつもりでも、なかなか目に見えて変化が感じられずに筋トレを諦めてしまった人は多いのではないでしょうか?筋肉が付きにく人でもビルドマッスルHMBは効果あります。むしろ、筋肉が付きにくい人ほど、飲んでおくべきでしょうね。ここでは、筋肉が付きにくい原因とビルドマッスルの作用について紹介していきます。
ビルドマッスルHMBとクレアチンはセットで飲め!筋トレ効果が2.67倍!
ビルドマッスルHMBとクレアチンと一緒に飲むことで筋トレの効果を2倍以上にしてくれる栄養素です。短期間で筋肉量を増やしたい人はビルドマッスルと一緒に飲むことをおすすめします。
最短で筋肉を付けるために必要なのはビルドマッスルとプロテインどっち?
ここでは、最短で筋肉を付けるために、ビルドマッスルHMBとプロテインのどちらを摂取するのがいいのか、解説します。
ビルドマッスルHMBは筋肉痛を軽減出来る?
筋肉痛の原因は、筋トレによって傷ついた筋繊維が炎症を起こすことによって発生する物質によるものと考えられています。つまり、筋肉痛を軽減するためには、筋肉にキズを付けない、炎症を抑える方法が考えられます。ビルドマッスルに筋肉痛を軽減する作用があるのかについて解説します。
ビルドマッスルHMBは危険?ステロイドのような副作用はあるのか?
ビルドマッスルHMBってステロイドのような副作用があるんじゃないかって不安ではありませんか?今回はビルドマッスルHMBとステロイドの違いと副作用について解説します!
【最安値】ビルドマッスルHMBを初回500円で買える販売店はこちら
ビルドマッスルHMBを初回に限り500円で購入できる販売店はこちらです。
アメトークで話題になった筋トレサプリ「ビルドマッスルHMB」の効果
アメトークの収録中にオススメの筋肉サプリとして名前が挙がった「ビルドマッスルHMB」の効果について紹介しています。
ツイッターで興味を持ったビルドマッスルHMBの評判と口コミを集めてみた結果
効率よく筋肉を付けたいと思っていた私がビルドマッスルHMBに興味を持つきっかけになったツイッターでの口コミの一部を紹介します。